読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルパカDiary Pro

はてなブログProではありません

初めてのPerlを読み返す 6章 入出力の基本

初めてのPerl
初めてのPerl
posted with amazlet at 09.04.05
ランダル・L. シュワルツ トム フェニックス
オライリージャパン
売り上げランキング: 34126


この記事のスタンスはこちら

6章 入出力の基本*1

  • 」で標準入力ストリームから読み込み。
  • 「<>」(ダイヤモンド演算子)は、起動引数をUnixユーティリティと同じように扱える。起動引数が標準入力の場合はそれを読み込み、起動引数がファイル名の場合はファイルの中身を処理出来る。
./perl_script.pl file1 - file2
(以下、perl_script.plの抜粋)
# 最初に「file1」の中身を処理し、次に「標準入力ストリーム」、最後に「file2」の中身を処理する。
while(<>){
  chomp;
  print "line=>$_", "\n";
}
  • 起動引数は「@ARGV」にセットされる。
  • 標準出力:print
    • print @array; # これは、リストの中身を順番に間をあけず表示
    • print "@array"; # これは、リストの中身を順番に間にスペースをはさんで表示
  • C言語っぽい「printf」も使用可能。

*1:以下引用をいくつか含みます